わたしは、輝く

わたしのなかにひらいていく花
あちこちから光が差し込んで
輝くわたしの瞳、手のひら、つま先…
それは忘れられた宝石で作った、
ステンドグラスの模様
七色の光に満たされて
わたしは世界を照らしだす

影が全てを覆いつくしてしまうとき
ないものばかりが膨れあがって
透明な重たい悲しみは、
真実をどこか遠くへ奪い去ろうとする

だけど、わたしはここにいて、
信じていた
シニフィアン シニフィエ
魔法は生き続ける

くるくると弧を描いてのぼっていく
夢の余韻とわたしの言葉 
その光を表すものたち
軽やかに、楽しげに、喜びの詩は飛び散って

まわる星空、重なる音楽、明確な心、あなた
まばたき、ダンス、光の粒
わたしの中に咲き続ける花

なにもかもが繋がって、
そして、わたしはただ一つになる

※シニフィアン シニフィエ
=「意味しているもの」「意味されているもの」。
言語の表現面(音のイメージ・聴覚映像)と
内容面(意味・概念)。